沖縄から厳選素材をお届けします。マリンシルト(クチャ)ならお任せください。

沖縄海泥マリンシルト/MarineSilt

  • HOME »
  • 沖縄海泥マリンシルト/MarineSilt

沖縄海泥マリンシルト

沖縄海泥マリンシルト

微細粘土粒子は海底に堆積し、原始的な古代生物を育てました。
その海泥が地表として出現したのが沖縄のクチャです。日本では沖縄本島南部にしか分布していません。
主要成分の珪酸や酸化アルミニウムの他、カルシウム、マグネシウム、カリウム、チタンや鉄を多く含み、これらの多くは可溶性イオンとしても存在することが知られています。

沖縄海泥マリンシルト

マリンシルトの原産地

沖縄は4種類の土壌からなっており、一番多いのが赤土(国頭マージ)で、ついで本当の南部に分布するジャーガル土壌、その外は南部の島尻マージ(赤土)と沿岸にみられる黒い沖積土です。この中のジャーガル土壌の下に存在する粘土鉱物がマリンシルトの原料の「くちゃ」なのです。
沖縄では、本土復帰前までは洗髪に使用されており、打ち身や捻挫の痛む部分に塗って治療に使用したという話もあるほど、身近な存在でした。

マリンシルト(クチャ)

くちゃは、海底に堆積していた海泥が地殻変動で隆起して陸地として現れたものです。そのため多量の貝の化石などが混在して見られます。
その数百万年もかけて堆積した海泥(くちゃ)を独自の方法で化粧品原料として生成したものが「マリンシルト」です。

マリンシルト(クチャ)

マリンシルト(クチャ)

マリンシルトの特性

マリンシルト(クチャ)

上記の実験を見ると、左側の試験官(マリンシルト混合)の沈殿が早いことからも、その吸着力の高さが確認できます。
これは、マリンシルトが墨汁に含まれるタンパク質を吸着し、墨汁を沈殿させたものです。

マリンシルト(クチャ)

くちゃ粒子は永久荷電を持つ結晶からなっているので粒子表演がマイナスに帯電しています。そのためプラスの荷電を持つ物質に対して物理化学的吸着をします。

マリンシルト(クチャ)

ペースト状の粘土にすることで電気極性が生まれ、粘土から電流・電圧が生じます。皮膚に塗布した場合には静電感応効果によって皮膚表面と接する面がプラスになり反対側が陰性の電位を示します。そして皮下に向かって電圧が生じ電流が流れます。この微弱な静電気が皮膚代謝を促進させます。

マリンシルト(クチャ)

くちゃを構成する化学成分の約80%は珪酸と酸化アルミニウムの結晶とミネラル類で、これら鉱物の結晶構造の約50%が雲母粘土鉱物、約30%がスメクタイト、その他15%程度のクロライト、カオリナイトなどの原始的なタイプの貝などから成っています。
そのため、炭酸Caや海洋性由来のミネラルをバランスよく豊富に含んでいます。

くちゃ粘土の性質は、微細な粒子が結晶性及び非晶性珪酸塩、酸化アルミニウム、その他の酸化・水酸化ミネラルなどから成っています。

マリンシルト(くちゃ)

マリンシルト(くちゃ)

マリンシルト(くちゃ)

マリンシルトは、なめらかでシットリした感触で粒子が約7μmと非常に細かいのが特徴です。

マリンシルト(くちゃ)

 

マリンシルトの性状

物質
・粘土質でミネラルを多く含む泥灰岩
組成
・原始的なタイプの貝を含むためCaやミネラルが豊富。
分散性
・7μm以下の粒子が50%以上で非常にきめ細かい。
・水を吸うと柔らかい粘土となり、多量の水で泥水になる。

マリンシルトのメリット

保湿
・他の粘土鉱物とは異なり、海洋由来のミネラルを豊富に含む天然無機物で保湿性に優れる。
洗浄力
・7μm以下の粒子が50%以上と非常にきめ細かく、表面はマイナス電荷を帯び、このマイナス電荷と汚れのプラス電荷が結合し高い洗浄力を発揮します。
皮膚代謝促進(マイナスイオン)
・マリンシルトを水に溶かして皮膚に乗せると微弱な静電気が起こり、これが皮膚代謝を促進します。
・含まれる鉄成分の働きで消炎作用も期待できます。

マリンシルトの魅力

マリンシルト(クチャ)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 098-859-8877 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ケアノス/carenos CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.